3けた-2けたを暗算でやろう!~計算tips18~
こんにちは!さち(@SachiMath)です。

今回は
3けた‐2けたを暗算でやろう
というテーマでお届けします。

まずは計算くらぶのプリントをご覧ください。
こちらからダウンロードできます。
3けた‐2けた


Aタイムをクリアするためには1問6秒、 Sタイムをクリアするためには1問3.6秒で解かなくてはなりません。

筆算を書いていては間に合いませんので、暗算を練習しましょう!

ひき算の暗算方法は主に2つあります 。 


①まず10の位をひき、そのあと1の位をひく

②多めにひいて、ひきすぎた分をたす

 1つずつ例を挙げてみていきましょう。

①まず10の位をひき、そのあと1の位をひく

517 - 54であれば、54を50と4に分けます。
まずは 517 - 50をして、最後に4をひきます。

10の位→1の位の順でひく


②多めにひいて、ひきすぎた分をたす

ひく数の1の位の数が大きい時に便利な方法です。
487-98であれば、まず100をひき、ひきすぎた2をたします。

多めにひいてたす


最初は途中経過をメモしても大丈夫です!
慣れたら徐々にメモを減らしていけるといいですね。

計算くらぶでは
など、たくさんのひき算プリントを用意しています。

 なかなかタイムが伸びないときは、少しもどって段階的に鍛えていきましょう! 
計算力を上げたい中学受験生向へ
ドリるブログ
他の最新記事記事一覧