計算くらぶ生の成長記録19
計算練習を続けると、計算が速くなるのはもちろんのことながら…
なんと字まで綺麗になるようです!

まずはBefore→After。

ガチ計算を始めたばかりの頃は、スペースの広いところから大きく途中式を書き始めていました。

そうすると、
・途中でスペースがなくなったときに字が小さく読みづらくなる
・かけ算・わり算→たし算・ひき算を繰り返す際、先に解いたかけ算・わり算の答えがどこにあるか分からなくなる
という問題が発生してミスをしやすくなります。

やり直しも大変そうですが、とても頑張った様子が伝わります。

2ヵ月ほど頑張り続けるとAfterのようにスッキリした答案になりました!
・出てきた答えと計算部分を分けて書いている
・それぞれの数字が走り書きではなく、読みやすい字になっている
  →通分や約分でメモした数字も読みやすくミスする心配がありません
といった、確実に正解する工夫がなされています。

見事満点!
生徒さん本人も2ヵ月前と比べて成長に驚いていました。

(見やすく書くコツとして、安浪京子先生の「中学受験 必勝ノート術 カリスマ家庭教師のワザを親子で実践! 」も参考にされたようです。)


また、見直しについて悩まれていることに対してのドリさんのコメントです。
お子様の取り組み状況に応じて、個々にアドバイスをしております。

①そもそも見直しを忘れる、②本人は見直ししていると言っているが見直しになっていない、の2点から間違いを発見できていません...
というお悩みに対しての回答です。

見直し練習対してのアドバイス


計算くらぶでは、単にやるべきことを指示するだけではなく、モチベーションをどう保つかも考慮して、保護者様からお子様に対する声の掛け方を提案いたしております。


計算力を上げたい中学受験生向へ
ドリるブログ
他の最新記事記事一覧